『カンフースタントマン 龍虎武師』カンフー・アクションの生き証人たちが語るファンには堪らない映画制作裏話集

『カンフースタントマン 龍虎武師』カンフー・アクションの生き証人たちが語るファンには堪らない映画制作裏話集

2023-01-06 16:04:00

『カンフースタントマン 龍虎武師』は、香港アクションの歴史を生き証人たちが語るファンには堪らない映画制作裏話集だ。

1970年代~90年代にかけて、アクション映画を数多く生み出し、世界に大きな影響を与えた香港映画。ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ドニー・イェンといった世界に知られるアクションスターを生み出した。

香港アクション全盛期には香港には京劇の学校が4つあったという。そのテクニックは、中国本土から伝わり、1997年中国への香港返還後は、香港から中国へそのアクション技術が伝わり、現在では中国アクションというジャンルができている。

アクションスターの裏側ではスタントマンたちの活躍があった。彼らスタントマンたちの真の姿を、サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ツイ・ハークほか、名だたる香港映画人たちの証言や映画のシーンを交えて作られた映画が『カンフースタントマン 龍虎武師』(原題:龍虎武師)なのだ。

 

ウェイ・ジュンツー監督プロフィール

1978年生まれ。映画評論家、プロデューサー、脚本家、ドキュメンタリー映画監督。メディア出身で、執筆活動も盛んに行っている。Sohu Entertainmentの解説部編集長、CCTVの映画チャンネルの編集長、Sina Entertainmentの企画部部長を歴任。プロデューサーを務めた作品には『奇門遁甲』(2018)、『ザ・ルーキーズ』(2019)などがある。『カンフースタントマン 龍虎武師』が初めての監督作品となる。

 

ストーリー

カンフー映画のルーツは、京劇にある。

1930年代、中国の京劇役者の多くが、日本の本土侵略から逃れるために香港に移住した。彼らは、貧しい家庭の子供たちに京劇を教えるようになり、1960年代には香港に4校の京劇学校ができた。

春秋戯劇学校には、後にハリウッドで活躍するジョン・ローンや『燃えよドラゴン』(73)の冒頭、ブルース・リーから「考えるな、感じるんだ」という教えを授かる場面に出演し、映画監督となったトン・ワイ。東方戯劇学校にはジャッキー・チェンのスタントチーム成家班で活躍したマース、俳優・監督となったチン・シウトン。中華戯劇学校には、後にサモ・ハンのスタントチーム洪家班のメンバーとなったビリー・チャン。中国戯劇学院にはサモ・ハン、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、ユン・ワーたちが学んでいた。

しかし、弟子たちが卒業する頃、京劇の人気は下火になり、彼らは活躍の場を映画のスタントに移した。当時の香港映画界は東洋一の巨大スタジオを持つショウ・ブラザーズが繁栄を誇っていた。この頃のカンフー・シーンは、京劇の流れを汲んだ、舞踏のような戦い方が主流で、武術と演技の基礎が叩きこまれた彼らは、多様なアクションを演じる事ができた。

1971年、新たに作られた映画会社ゴールデン・ハーベストが製作したブルース・リー主演作『ドラゴン危機一発』が驚異的なヒットを記録。ブルース・リーによるファイトシーンは、それまでのカンフー映画にはない、実戦的なものだった。彼は、自身の主演作に出演するスタントマンたちにも実戦的なアクションを要求し、カンフー映画に変革をもたらすことになった。しかし、1973年にブルース・リーが若くしてこの世を去ると、カンフー映画の人気は低迷し、多くのスタントマンが職を失ってしまう……。

その現状を打破したの映画監督兼俳優のラウ・カーリョンとサモ・ハンだった。洪家拳の達人であるラウ・カーリョンは、本物の武術を取り入れたカンフー映画を次々と監督。若くして俳優となったサモ・ハンは、監督デビュー作『少林寺怒りの鉄拳』(77)で、新たなスタイルのカンフー映画を提示。彼らの活躍により、カンフー映画は活気を取り戻しはじめた。この勢いに乗ったプロデューサー兼監督のウー・スーユエンは、武術指導だったユエン・ウーピンを監督に、ブレイク前のジャッキー・チェンを主演に迎えた『スネーキーモンキー 蛇拳』(78)と『ドランク・モンキー 酔拳』(78)を製作。この2作の大ヒットによって、アクション・コメディがトレンドとなった。

香港映画界に再びカンフー映画ブームが到来した。サモ・ハン、ジャッキー・チェン、ユエン・ウーピン、ラウ・カーリョンたちは自分のスタントチームを作り、次々とアクション映画を製作。彼らはライバルチームに負けないアクションを生みだそうと競い合っていた。

「香港のスタントマンにとって最も危険な時代」と呼ばれる1980年代になると、スタントチームの競争は激化。「ライバルチームの作品が、ビルの8階から地上のプールにダイブしたなら、自分たちは9階から地上の炎の中にダイブしなければいけない」という危険極まりない状況だった。

だが、スタントマンたちは「決して“ノー”と言わない」常軌を逸した精神で、香港アクション映画の最盛期を支えていくのであった。

 

予告編

 

公式サイト

1月6日(金) 新宿武蔵野館、アップリンク京都ほか全国順次公開

監督:ウェイ・ジュンツー
出演:サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ユン・ワー、チン・カーロッ、ブルース・リャン、マース、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、トン・ワイ、ウー・スーユエン
※アーカイブ出演:ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ラウ・カーリョン、ラム・チェンイン

2021年/香港・中国/広東語・北京語/92分/ビスタ/5.1ch/原題:龍虎武師/英題:Kung Fu Stuntmen

日本語字幕:城 誠子 字幕監修:谷垣健治
特別協力:ジャパン・アクション・ギルド 提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム

©ACME Image (Beijing) Film Cultural Co., Ltd

作品の歴史、裏話に興味がある方へのお勧め映画