『ディーバ デジタルリマスター版』オリエンタルな空気の漂うジャン=ジャック・ベネックスの鮮烈な名作がデジタルリマスター版で甦る

『ディーバ デジタルリマスター版』オリエンタルな空気の漂うジャン=ジャック・ベネックスの鮮烈な名作がデジタルリマスター版で甦る

2022-09-15 18:44:00

先日、ヌーヴェルヴァーグにおける最も重要な人物の一人であり、フランス映画界の巨匠であるジャン=リュック・ゴダールが惜しくもこの世を去った。彼が映画界に与えた影響は計り知れないものがあるだろう。

『ディーバ』を手掛けたジャン=ジャック・ベネックスは、リュック・ベッソン、レオス・カラックスらと共にヌーヴェルヴァーグ以降の「新たな波」を巻き起こし、80年代のフランス映画界を盛り上げた監督として知られる。彼もまた、日本で高い人気を誇りながらも今年1月13日に闘病生活の末に他界した。しかし、映画というものは素敵なもので、監督が亡くなったとしても作品自体はいつまでも永久に輝き続けていく。

そして今回、ベネックスの長編デビュー作であり、代表作でもある『ディーバ』がデジタルリマスター版の美しい映像となって大きなスクリーンに甦る。

本作は、ソプラノ歌手シンシア・ホーキンズの熱烈なファンである郵便配達員のジュールが、彼女の歌声を盗み録りしたことをきっかけに想定外のいざこざに巻き込まれていく、というのが大まかな筋書きである。それだけでは、スリラー・ロマンス・アクションが入り混じった一般的な娯楽映画の印象を受けるが、『ディーバ』はそんな小さな枠の中には収まらない。

ジュールは一見すると爽やかな好青年であるが、シンシアへの愛情は異常そのもの。リサイタルで歌声を盗み撮りするだけでなく、彼女の衣装を盗んでしまうほどの強い感情を抱いている。彼の部屋は建物のリフトを上がった先にあり、秘密基地のようなつくりになっている。廃車をコレクションしているかと思えば、部屋の中にはポップアート調の室内装飾が施されており、本作の不思議な魅力が象徴されているような空間とも言える。彼を狙うのは、二人組の殺し屋と二人組の台湾人。一方で彼に救いの手を差し伸べるのは、「波を止めること」を夢見る謎めいた男セルジュと彼のベトナム人のガールフレンドであるアルバ。彼らが物語に加わることで、フランス映画にオリエンタルな空気感もブレンドされたような独特な雰囲気に仕上がっている。

ストーリーも先の読めない展開となっており、ラスト直前のクライマックスには思わず息をのむ。ヴィジュアルもストーリーも鮮やかな、まさに規格外で唯一無二の娯楽映画と言っていいだろう。癖になるようなこの感覚を、是非大きなスクリーンで味わってみてはいかがだろうか。

 

ストーリー

無類のオペラ好きであるパリの郵便配達員・ジュールは、レコーディングを拒否し続けるアメリカ人ソプラノ歌手シンシア・ホーキンズの熱烈なファン。シンシアのリサイタルへ赴いたジュールは、高性能録音機で歌声を盗み録りすることに成功する。翌日、ある娼婦が二人組の男に殺された。殺害直前、彼女は闇組織の秘密を暴露したテープを偶然通りかかったジュールの原付のバッグに忍ばせていた。殺し屋に追われるジュール。しかも彼はシンシアの音源を狙う二人組の台湾人からも追跡されるはめになる。ジュールは知り合ったばかりの謎めいた男セルジュとヴェトナム人娘アルバの協力を得て、なんとかして追っ手から逃れようとするが……。

 

ジャン=ジャック・ベネックス監督

リュック・ベッソンやレオス・カラックスと共に、1980年代のフランスで興った“シネマ・デュ・ルック(スタイルの映画)”=主に疎外された若者を主人公とする、きらびやかで趣向を凝らした視覚スタイルを特徴とした新しいタイプの青春映画の監督として括られた。様々な細部がストーリーテリングと同等に重視される『ディーバ』は、80年代版ヌーヴェル・ヴァーグともいえるこの“シネマ・デュ・ルック”の嚆矢に位置づけられる作品である。フランスでは公開当初、興行成績が伸び悩んだが、セザール賞四部門(監督・音楽・撮影・音響)を受賞し、またアメリカでの興行的成功も追い風となって最終的には大ヒット作となった。その後『溝の中の月』、『ベティ・ブルー』と人気作を放ちながら今年1月に惜しくも他界したベネックス。『ディーバ』は彼の代表作として、そして屈指のカルト・クラシックとして今も燦然と輝き続ける。

 

予告編

 

公式サイト

9⽉16⽇(金) ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

監督:ジャン=ジャック・ベネックス
原作:ドラコルタ
脚本:ジャン=ジャック・ベネックス、ジャン・ヴァン・アム
製作:アイリーン・シルベルマン
撮影:フィリッ プ・ルースロ
装飾:ヒルトン・マッコニコ 音楽:ウラディーミル・コスマ
出演:フレデリック・アンドレイ、ロラン・ベルタン、リシャール・ボーランジュ、ジェラール・ダルモン、シャンタル・ドアーズ、ジャック・ファブリ、パトリック・フレーシャム、チェイ・アン・リュー、 ウィルヘルメニア・フェルナンデス

1981 年/フランス/117分/カラー/ビスタサイズ/モノラル

配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA  

©️1981 STUDIOCANAL

フランス映画を掘り下げていきたいあなたに