『よだかの片想い』主演松井玲奈の島本理生の小説を映画化したいという想いが募った作品

『よだかの片想い』主演松井玲奈の島本理生の小説を映画化したいという想いが募った作品

2022-09-15 17:00:00

映画『よだかの片想い』は、映画、テレビで女優として活躍し、『カモフラージュ』『累々』など小説も発表する松井玲奈が島本理生の小説『よだかの片想い』の映画化を望んでいたことがきっかけだった。

松井玲奈は、「なにか映像化したい作品はありますか?」と聞かれたときには、『よだかの⽚想い』の名前を出していたという。

「島本さんご本⼈にも"いつかアイコを演じてみたい"という気持ちは伝えていました。島本さんからはありがたいことに"松井さんがやってくれたら嬉しいですね"とおっしゃっていただけていて、⼝約束レベルですが了承を得ていました。それから少しずつ、少しずつ映像化の話が進んでいきました。

主⼈公のアイコが"顔に痣のある⼥の⼦"なので、どう表現するのがいいのかもよくよく考えていました。"痣がある"というところに焦点を当てると、⼀番伝えたいアイコの初恋から物語がずれてしまう気もしていて。そういった話し合いを重ねる中で、脚本が作られていきました。しかし企画が全く動かない時期もありました。私もどんどん年齢を重ねていってしまい、⼩説の⼤学⽣のアイコはもう演じられないかもと思う瞬間もありました。

企画がぐっと進み始めたのがこの2年半、3年ぐらいです。今回は⾃分の想いを脚本に反映させていただけた部分もあり、俳優としても、演じる上でもとても楽しかったし、勉強になりました」

安川有果監督にとっては原作がある映画化は初めてで、プロデューサーから原作を渡され読んだ感想をこう語っている。

「原作でもっとも惹かれたのは、主⼈公アイコが想いを真っ直ぐに伝えて⾃ら恋愛を開始する点です。受け⾝じゃないのが良いな、と。彼⼥は幼い頃の周囲からの過剰な気遣いにより、⾃分を上⼿く出せなくなってしまいましたが、本来はとてもシンプルで潔い⼥性です。それはラストの決断にも表れています。

彼⼥のことを突き放したり理想化することなく、弱さやゆらぎを持つある種"普通"の⼥性として描かれているところが好きだったので、その感覚を⼤事にしたいと思いました。他には、主⼈公・アイコの友⼈が最後に負ってしまう傷があり、その事象をどのように扱うかといったところや、シーンとして絵が浮かぶ様な場⾯もあったので、映画化はとても挑戦しがいがありそうだと感じました」

そして、原作者の島本理生は完成した映画を観たあとをこう書いている。

「映画の中で、アイコの恋と同じくらい印象的だったのは、⼥性たちの存在だ。なまじ同性だからこそ踏み込まない領域や緊張感を保ちながらも、傷つけ合わない⼥たちがそこにいた。親友になれなくても、尊重はできる。それは私⾃⾝が信じたい世界でもあった。スクリーンに映し出される彼⼥たちを⾒ているとき、私はふと、この映画はなにかを”信じている”のだと思った。

作中、アイコが⾶坂に映画の感想を伝えるシーンがある。”普通なら、⾒たくないし、⾒向きもせずに通り過ぎてしまうようなことを、⾶坂さんは拾って磨き上げて、⼤事なものだって信じて⾒せている”私はその台詞に触れたとき、それはこの映画のことではないか、と思った。

私はこれまで、『よだかの⽚想い』は、アイコが⾝近な⼈たちとの出会いや恋愛を通じて成⻑する物語だと思っていた。
けれど映画を⾒たとき、周囲の⼈たちを助けているのはアイコのほうだと気付いた。彼⼥はずっと⼀⼈で懸命に、まわりと違う外⾒を持つ⾃分を守り、戦ってきた。誰を責めることもなく、真っ当に将来を⾒据えて。その尊さが、台詞はなくとも無⾔の中に繊細な揺らぎと、揺らがぬ意志とを表現した松井さんの演技に滲んでいた。特にラストシーンは美しい。初めて彼⼥を直で⽬にしたときの透明感と奥⾏きを増した演技とが、溶け合ってスクリーンいっぱいに溢れていた。松井玲奈さんという⼥優だけが⾒せることのできる透明な光に多くの⼈が出会ってほしい」

『よだかの片想い』は、「(not) HEROINE movies」と銘打った、メ〜テレと、制作会社ダブがタッグを組み、“へたくそだけど私らしく生きる”、等身大の女性のリアルをつむぐ映画シリーズの5作目。

中島歩演じる映画監督飛坂逢太は、自らの監督作品の中の俳優である城崎美和(手島実優)と、そして顔に痣がある前田アイコ(松井玲奈)とも関係を持ったが、二人とも自分のヒロインではないよという態度を取り、自分のヒロインは"映画”なのだという。

この映画の企画の発端となった松井玲奈は「痣がある⼥の⼦が主⼈公という、彼⼥の⾒た⽬について注⽬をされてしまうことがあるかもしれませんが、⽬に⾒えるビジュアルではなく、この『よだかの⽚想い』という物語にいる⼈たちの⼼の顔を⾒ていただけたら嬉しいです」と観客へのメッセージとして語っている。

ストーリー

理系大学院生・前田アイコ(松井玲奈)の顔の左側にはアザがある。幼い頃、そのアザをからかわれたことで恋や遊びには消極的になっていた。しかし、「顔にアザや怪我を負った人」をテーマにしたルポ本の取材を受けてから状況は一変。本の映画化の話が進み、監督の飛坂逢太(中島歩)と出会う。初めは映画化を断っていたアイコだったが、次第に彼の人柄に惹かれ、不器用に距離を縮めていく。しかし、飛坂の元恋人の存在、そして飛坂は映画化の実現のために自分に近づいたという懐疑心が、アイコの「恋」と「人生」を大きく変えていくことになる・・・。

 

安川有果監督

1986年⽣まれ、奈良県出⾝。2012年、CO2(シネアスト・オーガニゼーション・⼤阪)の企画募集で選出され、『DressingUp』を監督。第14回 TAMA NEW WAVE にてグランプリと最優秀主演⼥優賞を獲得した後、2015年に全国の劇場で上映され、第25回⽇本映画プロフェッショナル⼤賞の新⼈監督賞を受賞した。その後はオムニバス映画への参加や舞台作品などを経て、⻑編第2作『よだかの⽚想い』(2021)を監督。東京国際映画祭のアジアの未来部⾨に選出される。

 

予告編

 

公式サイト

9⽉16⽇(金) 新宿武蔵野館、アップリンク京都ほか全国公開

監督:安川有果
脚本:城定秀夫
原作:島本理⽣『よだかの⽚想い』(集英社⽂庫刊)
主題歌:⾓銅真実『夜だか』(ユニバーサル ミュージック)
⾳楽:AMIKO
出演:松井玲奈、中島歩、藤井美菜、織⽥梨沙、⻘⽊柚、⼿島実優、池⽥良、中澤梓佐、三宅弘城

2021年/⽇本/100分/カラー/シネスコ/5.1ch

企画協⼒:グリック、SPOTTED PRODUCTIONS
制作プロダクション:ダブ 配給:ラビットハウス

©島本理生/集英社 ©2021映画「よだかの片想い」製作委員会

自分らしさを模索しているあなたに