出世作『水の中のナイフ』に続いて本作を手がけたポランスキー監督。息詰まる心理描写や、悪夢にも似た鮮烈な映像美が見どころの心理サスペンス。性的妄想に押しつぶされて次第に心が壊れていくという難しい役どころのヒロインに、『シェルブールの雨傘』などで知られる若き日のカトリーヌ・ドヌーヴが挑み、鬼気迫る演技を披露。音楽を担当したのはモダン・ジャズの第一人者、C・ハミルトン。

ロンドンのアパートで暮らす姉妹キャロルとヘレン。姉のヘレンが活動的な性格なのに対し、妹のキャロルは内気な女性だった。姉とその恋人との情事の音を毎晩のように聞かされていたキャロルは、次第に男性恐怖症に陥っていく。彼らがキャロルを部屋にひとり残して旅行に出かけた後、彼女の精神状態は急速に不安定になり、荒くれ男に暴行される夢やさまざまな幻覚を見始める。やがてその幻想は、彼女に殺人を犯させるまでになっていく……。
男性恐怖症の女性が、狂気にむしばまれていく様を描いたサイコホラー。

© 1965 Compton-Tekli Film Productions Ltd.  All Rights Reserved.

制作国 イギリス
制作年 1965年
上映時間 1h45
提供者 simple+
公式サイト
配信期間 2023-02-14まで配信